Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索
遺伝、及び男性ホルモンの影響、そして生活習慣が原因だといわれているAGAは、人によって、進行パターン、及び薄毛の現れかたが異なります。
AGAステーションmain画像

AGAの原因と進行パターン

英語で男性型脱毛症を意味する「Androgenetic Alopecia」の略名であるのがAGAです。

20代から40代の男性で、薄毛が前髪部分、または頭頂部から進行をしているのであれば、高い確率でAGAであると考えられます。

AGAは、毛包が十分に成長せず、髪の毛が太く長く育つ前に抜けてしまうというサイクルが繰り返される進行型の脱毛症です。

薄毛や抜け毛が少しでも気になり始めたら、AGAの専門外来がある病院やクリニック(http://menshealth-tokyo.com/aga/)で診察を受けましょう。

すぐに対策や治療をすることが重要となってきます。

なぜならなにもせずに放っておくと、どんどん進行し続けていってしまうからです。

早めに治療や対策を行うことで、残っている毛包からのうぶ毛を太く長く育つ髪の毛にしていくことが可能となります。

現在、AGAの原因として挙げられているのは、遺伝、及び男性ホルモンの影響、そして食生活を含めた生活習慣の2点です。

男性ホルモンから作られるジヒドロテストステロン(DHT)が、毛乳細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合すると、毛乳細胞は萎縮し、毛髪の成長期が終了してしまうのです。

また、X染色体にある男性ホルモンの受容体遺伝子が変異して、頭皮で男性ホルモンの働きが強まることで、より髪の毛が抜けやすい体質になってしまう場合もあります。

遺伝、及び男性ホルモンの影響が原因と考えられている場合は、額の生え際から後退していくタイプのAGAが多く見られます。

生活習慣や食生活の乱れにより、血行不良が引き起こされて頭皮や毛髪に栄養が行き渡りにくいことがAGAの原因となっている場合ですと、頭頂部から円型に薄くなるタイプのAGAが多く見られます。

Copyright www.innovativeaccesssolutions.com.